スポンサーリンク

都民共済、府民共済、県民共済の保障内容は? 入院費請求方法や診断書の有無について。

最近まで数日間、大腸の炎症で入院していました。。。

入院して気になるのは、その入院費用です。

共済は月掛金も低額なので、数年前から都道府県民共済(府民共済)に加入しています。

久々の入院だったので、今回、初めて共済金を申請しました。

その内容や入院費申請手続きのながれを紹介したいと思います。

都道府県民共済とは?

病気・事故で入院した時の為に、保険に入られている方もいらっしゃると思いますが、僕の場合は都道府県民共済に入っています。

東京は都民共済

大阪・京都は府民共済

愛知・福岡などでは県民共済

と分かれています。

そのCMといえば、コチラ。

都道府県民共済のメリットは?

共済のメリットは主に2つあると思います。

①月掛金2000円~と、低額から始められること

②年に一度、割戻金として掛け金が一部戻ってくること

①月掛金2000円~と低額

保障内容の入院保障に限って簡単にですが紹介すると、

・月掛金2000円

   →入院費1日当たり10,000円

・月掛金3000円

→入院費1日当たり12,250~12,500円

・月掛金4000円

→入院費1日当たり14,500~15,000円

となっています。

その他、手術、先進医療、後遺症、死亡なども、掛金によって、保障の範囲・厚さが異なります。

ちなみに僕は月3000円(総合保障1月+入院保障2型)を選んでいます。

※詳しい保障内容を知りたい方は、定期的に郵便配達される資料(青い封筒のもの)をご覧になるか、公式ウェブサイトから資料請求してみてください。




②毎年、掛け金が一部戻ってくる

掛金の一部を割戻金として戻す理由を、公式ページではこのように説明しています。

掛金はあくまでお預かりしているものと考えているため、年間受入掛金から、共済金と事業経費等を差し引いた剰余金を「割戻金」としてお戻ししています。共済事業のコストに当たる物件費や人件費を抑え、割戻金を多くお戻しすることで、ご加入者の掛金負担を少しでも軽くできるように努めています。

※決算後、剰余金が生じたときに、各年度の割戻率に応じて割戻金をお戻ししています。

僕の場合、その年によりますが、ここ数年は約10,000円が割戻金として戻ってきています。

毎月3,000円支払っているので年間36,000円の支出ですが、割戻金があるのでトータルの支出は約26,000円となります。

割戻金はおおよそ8月~9月に振り込まれるので、ちょっとしたお小遣い、ボーナスが入った気分になります。




入院した際の手続きの方法は?

今回の入院で、初めて都道府県民共済(僕の場合は府民共済)に手続きをしました。

※これはあくまでも、僕個人の症状・入院期間・加入している保障によるものになりますので、人によって異なることがあります。ご了承ください。一個人の体験談としてお読みください。不明な点は、加入されている共済の窓口へご相談ください。

共済金申請の為に取った手続き・流れは次の通りでした。

①共済窓口に電話する。

②届いた書類に記入。必要書類と共に返送する。

③口座に共済金が振り込まれる。

①共済窓口に電話する。

入院初日から入院費が気になったので、電話をしました。

京都府民共済の電話受付時間は平日9:00~17:00でした。

その際必要となるのが、加入者番号になりますので、組合員証または生命共済加入証書を用意しておきましょう。

こちらから「入院しまして、共済金の手続きをしたいのですが」と伝えると、次の項目を質問されました。

・共済の加入者番号、氏名などの個人情報

・現在の病名

・入院している病院名

・入院期間(確定していないので大体の期間)

質問に答えると、「対象になりますので、書類を郵送します」と言われ、用意する必要のある書類のコピーの説明を受けました。

必要となる書類とは、

・病名が分かるもの

   →入院計画書、診断書など

・入院期間が分かるもの

   →入院費の請求書、領収書など

のコピーになります。

病名が分かるものに関しては、「診断書でなくてもよい」と言われました。

出費を抑えられて助かりました。

※診断書の有無は、病状によるかもしれませんので、窓口でご確認下さい。

②書類に記入。必要書類の添付。

数日後、退院すると、府民共済から既に封筒が届いていました。

まずは、その書類「入院状況自己申告書兼共済金支払い請求書」を記入例に従ってに記入します。

氏名、住所、発病から初診までの経過、そして入院した病院のことや入院期間を記入します。

前述で、同封する書類として

・病名が分かるもの

   →入院計画書、診断書など

・入院期間が分かるもの

   →入院費の請求書、領収書など

という説明がありましたが、

僕の場合は、

入院初日にもらった「入院診療計画書」(病名記載)と、

退院後に病院から郵送された「請求書兼領収書」(入院期間記載)をコピーして同封しました。




③共済金(入院費)の振込み時期

17日に退院し、20日に入院期間を証明できる「入院費の請求書」が病院から届き、21日に書類を投函しました。

すると、26日には既に振り込まれていました!

早っ!

23~25日が三連休だったので、投函した次の日22日から数えると2営業日で振り込まれたことになります。

27日が退院後の通院日で、そこで入院費を払おうと思っていたのですが、貯金から支払うことなく、そのまま支払うことが出来ました。

公式サイトではこのように謳っています。

万一のための共済金ですから、必要とするときに手元になければ、保障の意味がありません。そのため、原則として請求書類が届いた日のお支払いに努めています。すみやかなお支払いのため、請求書類を簡素化するとともに、郵便局からの配達を待たずに、請求書類を取りに行くなども実践しています。

請求書類が届いた日に支払うよう努めている。。。

郵便局からの配達を待たずに、自ら取りに行く。。。

そういった姿勢がこの様な早い支払いに繋がっているんですね。

本当に助かりました。

この様に低額で、手続きも簡単な都道府県民共済。

特にまだ保険に入っていない方、保険料の支払いを負担に感じる方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?