スポンサーリンク

ソフトバンクホークス 本多雄一選手 引退試合で3塁打!!最終打席も2塁打!

福岡ソフトバンクホークス、2018年シーズン最後のホーム最終戦は、本多雄一選手の引退試合になりました。(試合後の引退セレモニーの様子はコチラです。

対戦チームは、埼玉西武ライオンズ。

本多選手は1番セカンドで先発しました。

第一打席はショートゴロ。

第二打席はファーボール。

第三打席は空振り三振。

そして7回裏の第四打席、

ベンチにいる選手、そしてケガなどで離れている選手も見守る中、本多選手はライトへ引っ張るヒットを放ち、その快足でなんとスリーベースヒットにしました!

第四打席

客席には内川選手、五十嵐選手、今宮選手、細川選手の姿も。

スリーベースヒット!

内川選手、涙。

本多選手、爽やかな表情をしています。

そして、それだけでは終わりません。





8回裏。

試合はソフトバンクがリードしているので逆転されない限り、このイニングでソフトバンクの攻撃が終わる可能性が高く、本多選手まで打席が回らないかもしれないと思われていました。

しかし、1アウト2塁の場面で8番 明石選手がなんとホームラン!!!

これで1番の本多選手まで打席が確実に回ることになりました。

明石選手も、本多選手も嬉しそうです。

そして最終打席。。。

見事にツーベースヒット!!!

西武も心なしか花を持たせてくれているようにも見えますが。

持病の首痛が原因で、プロとして続けることが難しいのかもしれませんが、こうしてみると、まだまだやれるんじゃないか、層の厚いホークス以外の球団でならまだ起用されるんじゃないか、そう思ってしまいます。

本多選手、お疲れ様でした。

そしてありがとうございました!

試合後の引退セレモニーの様子はコチラです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする