スポンサーリンク

ドラフト結果を詳しく紹介!中居正広のプロ野球魂2018

12月25日深夜に放送された「中居正広のプロ野球魂」。

中居正広と現役選手たちがそれぞれ監督となり、チームを組み立てる為、ドラフト会議で選手を獲って行く番組です。

今年は内川聖一選手(ソフトバンク)、秋山翔吾選手(西武)、石川雅規投手(ヤクルト)が参加しました。

そのドラフト会議の結果を、

①ドラフト会議の進行(第1巡目から順に)

②チーム別 選手獲得の推移

③各監督が考えたスターティングメンバー(打順・守備)

の3つに分けてまとめてみました。

スターティングメンバーには2018年の成績も加えて紹介します。

①ドラフト会議の進行(第1巡目から順に)

選手を獲るといってもどの選手でも取れるわけではありません。

この様なルールが決められています。

・2020年東京オリンピックを戦うスターティングメンバ―を想定
・2018年 NPBに所属した日本人選手のみ選択可能
・野手はDH含め9人 投手は先発1人を選択

東京オリンピックの国際試合を想定したチーム構成で、考えていかなければなりません。

また、助っ人外国人は獲れません。

1巡目から9巡目、投手までの各チームの希望と結果は以下の通りです。

×…競合し、くじを引いた結果、ハズレ。

〇…競合し、くじを引いた結果、当たって選手獲得。

【野手1巡目指名】

チーム石川 山田哲人(内 ヤ)
チーム内川 柳田悠岐(外 ソ)×→秋山翔吾(外 西)
チーム秋山 柳田悠岐(外 ソ)〇
チーム中居 坂本勇人(内 巨)

【野手2巡目指名】

チーム石川 森 友哉(捕 西)
チーム内川 筒香嘉智(外 横)
チーム秋山 浅村栄斗(内 楽)
チーム中居 鈴木誠也(外 広)

【野手3巡目指名】

チーム石川 岡本和真(内 巨)
チーム内川 宮﨑敏郎(内 横)
チーム秋山 會澤 翼(捕 広)
チーム中居 丸 佳浩(外 巨)

【野手4巡目指名】

チーム石川 菊池涼介(内 広)〇
チーム内川 甲斐拓也(捕 ソ)
チーム秋山 源田壮亮(内 西)
チーム中居 菊池涼介(内 広)×→山川穂高(内 西)

【野手5巡目指名】

チーム石川 吉田正尚(外 オ)
チーム内川 中村奨吾(内 ロ)
チーム秋山 外崎修汰(内 西)
チーム中居 西川遥輝(外 日)




【野手6巡目指名】

チーム石川 近藤健介(外 日)×→青木宣親(外 ヤ)
チーム内川 近藤健介(外 日)〇
チーム秋山 中村 晃(内 ソ)
チーム中居 田中広輔(内 広)

【野手7巡目指名】

チーム石川 中田 翔(内 日)
チーム内川 平田良介(外 中)
チーム秋山 上林誠知(外 ソ)
チーム中居 内川聖一(内 ソ)

【野手8巡目指名】

チーム石川 中村剛也(内 西)
チーム内川 茂木英五郎(内 楽)
チーム秋山 田中和基(外 楽)
チーム中居 銀次  (内 楽)

【野手9巡目指名】

チーム石川 中島卓也(内 日)
チーム内川 阿部慎之助(内 巨)×→清宮幸太郎(内 日)
チーム秋山 井上晴哉(内 ロ)
チーム中居 阿部慎之助(捕 巨)〇

【先発投手指名】

チーム石川 菅野智之(巨)〇
チーム内川 菅野智之(巨)×→大瀬良大地(広)〇
チーム秋山 岸 孝之(楽)
チーム中居 菅野智之(巨)×→大瀬良大地(広)×→松坂大輔(中)

チーム内川は最多の5回くじ引きとなりました。

投手は、他に則本、千賀など強力な選手がいましたが、意外にも競合が多い結果となりました。

②チーム別 選手獲得の推移

選手獲得の推移をチーム別に見ていくと、以下の様になります。

【チーム石川】

1巡目 山田哲人(内 ヤ)
2巡目 森 友哉(捕 西)
3巡目 岡本和真(内 巨)
4巡目 菊池涼介(内 広)〇
5巡目 吉田正尚(外 オ)
6巡目 近藤健介(外 日)×→青木宣親(外 ヤ)
7巡目 中田 翔(内 日)
8巡目 中村剛也(内 西)
9巡目 中島卓也(内 日)

菅野智之(巨)〇

【チーム内川】

1巡目 柳田悠岐(外 ソ)×→秋山翔吾(外 西)
2巡目 筒香嘉智(外 横)
3巡目 宮﨑敏郎(内 横)
4巡目 甲斐拓也(捕 ソ)
5巡目 中村奨吾(内 ロ)
6巡目 近藤健介(外 日)〇
7巡目 平田良介(外 中)
8巡目 茂木英五郎(内 楽)
9巡目 阿部慎之助(内 巨)×→清宮幸太郎(内 日)

菅野智之(巨)×→大瀬良大地(広)〇

【チーム秋山】

1巡目 柳田悠岐(外 ソ)〇
2巡目 浅村栄斗(内 楽)
3巡目 會澤 翼(捕 広)
4巡目 源田壮亮(内 西)
5巡目 外崎修汰(内 西)
6巡目 中村 晃(内 ソ)
7巡目 上林誠知(外 ソ)
8巡目 田中和基(外 楽)
9巡目 井上晴哉(内 ロ)

投手 岸 孝之(楽)

【チーム中居】

1巡目 坂本勇人(内 巨)
2巡目 鈴木誠也(外 広)
3巡目 丸 佳浩(外 巨)
4巡目 菊池涼介(内 広)×→山川穂高(内 西)
5巡目 西川遥輝(外 日)
6巡目 田中広輔(内 広)
7巡目 内川聖一(内 ソ)
8巡目 銀次(内 楽)
9巡目 阿部慎之助(捕 巨)〇

菅野智之(巨)×→大瀬良大地(広)×→松坂大輔(中)

チーム秋山は、10人中9人がパリーグの選手、そのほとんどがソフトバンクか西武(移籍前も含め)の選手でした。




③各監督が考えたスターティングメンバー(打順・守備)

次に4チームそれぞれの監督が考えたオーダーを紹介します。

各選手の2018年の成績(打率、本塁打、打点、安打、盗塁など特記する成績)も載せました。

強さが分かりやすいよう、個人的基準ですが、打率は3割以上、本塁打は30本以上、打点は100点以上、盗塁は30以上を赤文字で表記しています。

【チーム石川】

1(指)山田哲人(ヤ)率.315 本34 盗33
2(二)菊池涼介(広)率.233 本13 点60
3(中)青木宣親(ヤ)率.327 本10 点67
4(三)岡本和真(巨)率.309 本33 点100
5(捕)森 友哉(西)率.275 本16 点80
6(左)中田 翔(日)率.265 本25 点106
7(右)吉田正尚(オ)率.321 本26 点86
8(一)中村剛也(西)率.265 本28 点74
9(遊)中島卓也(日)率.261 本*1 盗29

投手 菅野智之(巨)15勝8敗 防2.14

【チーム内川】

1(中)秋山翔吾(西)率.323 本24 安195
2(左)近藤健介(日)率.323 本*9 点69
3(三)宮﨑敏郎(横)率.318 本28 点71
4(指)筒香嘉智(横)率.295 本38 点89
5(二)中村奨吾(ロ)率.284 本*8 盗39
6(右)平田良介(中)率.329 本*9 点55
7(一)清宮幸太郎(日)率.200 本*7 点18
8(捕)甲斐拓也 (ソ)率.213 本*7 点37
9(遊)茂木英五郎(楽)率.247 本*7 点24

投手 大瀬良大地(広)15勝7敗 防2.62

【チーム秋山】

1(右)上林誠知(ソ)率.270 本22 点62
2(三)外崎修汰(西)率.287 本18 盗25
3(中)柳田悠岐(ソ)率.352 本36 点102
4(二)浅村栄斗(楽)率.310 本32 点127
5(一)中村 晃(ソ)率.292 本14 点57
6(捕)會澤 翼(広)率.305 本13 点42
7(指)井上晴哉(ロ)率.292 本24 点99
8(遊)源田壮亮(西)率.278 安165 盗34
9(左)田中和基(楽)率.265 本18 盗21

投手 岸 孝之(楽)11勝4敗 防2.72

【チーム中居】

1(三)田中広輔(広)率.262 安150 盗32
2(左)西川遥輝(日)率.278 安147 盗44
3(遊)坂本勇人(巨)率.345 本18 点67
4(右)鈴木誠也(広)率.320 本30 点94
5(中)丸 佳浩(巨)率.306 本39 点97
6(一)山川穂高(西)率.281 本47 点124
7(指)内川聖一(ソ)率.242 本*8 点30
8(捕)阿部慎之助(巨)率.247 本11 点46
9(二)銀次  (楽)率.276 安136 点48

投手 松坂大輔(中)6勝4敗 防3.74

以上になります。

僕個人の感想ですが、

チーム石川は、バランスが取れつつも、やや重量打線っぽいです。

チーム内川は、秋山、筒香の軸がありますが、もう少し迫力が欲しいところです。

チーム秋山は、走力・長打力共に強力です。1~5番がソフトバンクと西武のジグザグ打線です。

チーム中居は、中軸が脅威ですね。

東京五輪出場にふさわしいチームはどれ?

4チームが出来上がり、どのチームが強いのか、東京オリンピックに出場するにふさわしいか、野球ファン100人にアンケートが実施されました。

その結果がこちら

1位 チーム石川 47票
2位 チーム秋山 23票
3位 チーム内川 17票
4位 チーム中居 13票

圧倒的にチーム石川でした!

菅野投手がいることが大きかったのでしょうか。

このデータを整理している間、僕自身もどんどんチームが出来上がっていく感じが楽しかったです。

野球ファン同士でこのドラフト会議をやると楽しいでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする