スポンサーリンク

「喫茶こいそ物語」~入店難易度の高い、八王子のレトロ喫茶店(カフェ)~

おや、

あなたも昼ごはんを食べに行くんですか?

もしよかったら、お勧めのお店があるので、一緒に行きましょう。

え、お店の名前ですか?

「こいそ」っていいます。

八王子駅に近い主要道路、この甲州街道沿いのアーケードにあります。

ダイエーからずっと西へ進み、郵便局や吉野家を通り過ぎて、アーケードの屋根が始まる部分のお店です。

とりたてて目立つ店ではないので、目に止まらないですよね。

僕も教えてもらうまでは、こんなお店、知らずに素通りでした。

ショーウィンドウのメニュー、魅力を感じないでしょう?

さぁ、中に入りましょう。

え?

今日はやめとく?

いやいや、

いいからいいから。

まぁ、とりあえず中へ。

ンゴォー(自動ドアの開く音)

おばさん「…いらっしゃいませ」

この水木しげるのマンガに出てきそうな人が、店員です。

どうです、お店の雰囲気

悪いでしょう?

時代に取り残された喫茶店ですね。

狭いし、照明も暗いし。

外が明るいと余計に、ですよ。

まぁ、静かですけどね。

お客さん誰も喋ってないし。

BGMすらないし。

聞えるのは甲州街道を走る車の音と、隣のおじさんが新聞をめくる音だけです。




コトッ(水の入ったコップを置く音)

あ、ここの水は気をつけて下さい。

ただの水道水ですから。

さて、何を頼みましょうか?

ん、メニュー表をお探しですか?

ここにはそんなものはありませんよ。

おばさん「ランチですか?ランチならハンバーグ、焼肉、ミックスが500円、豚カツが600円ですけど」

焼肉って言っても、豚のしょうが焼きみたいなものですけどね。

以前は壁にメニューの紙が張ってあったんですけど、いつのまにかなくなりました。

僕は豚カツにします。

あなたは?

ハンバーグですね。

大盛りができるかって?

う~ん、できますけどあまりする人はいないですよ。

理由は…、まぁ、あのおばさんに「大盛り」って言ってみて下さい。

おばさん「大盛りですか?そうなると100円増しになりますけど。いいんですか?

あの説明で、たいていの人は辞退してしまいます。

ランチの味は、まぁ、美味しいですよ。

この店の営業時間は12時から1時半くらいまでらしいです。

この前、1時半までゆっくりしてたら

おばさん「あの、そろそろ店を閉めたいんですけど」

と言われちゃいました。

店の厨房には棚があって、食器が並んでいます。

パフェを入れるグラスがあるんですけどね、頼んだら出てくるのか、ちょっと気になります。




ンゴォー(自動ドアの開く音)

おや、何も知らず入ってきたお客さんのようですね。

周りを見渡してます。

この雰囲気に戸惑っているようですね。

別におばさんは、「いらっしゃいませ、どうぞこちらの席に」と愛想は振り撒きません。

ンゴォー

あぁ、引き返していきましたね。

これもこの店の日常風景です。

一体どうして、僕がこんな店を気に入っているかって?

それはこの店は「素」なんですよ。

別に無理して愛想を振りまいている訳ではなく、来る人は来ていいし、来ない人は来なくていいという姿勢。

もし、お店を繁盛させたいのにこの接客だったら怒りますけどね。

向こうがフラットなだけに、僕もフラットでいられるんです。

どうです、明日はここの焼肉ランチを食べませんか?

……

…心中、お察しします。




※この記事は2006年にmixiに書いたものです。10年以上前のネタなので現在は、文章の描写と変わっている部分もあります。

アーケードも今は取り払われていますし、ダイエーも吉野家もなくなりました。

文章中のお店の外観画像は2018年のものを使用しています。

そちらの方が雰囲気が伝わりやすいと思ったので。

ちなみに2006年当時の画像はコチラです。

あれからお店の中はどうなったのでしょうか。

グーグルマップで見る限りでは今もやっていそうですが。

どなたか行ってみて下さい。

住所は

東京都八王子市横山町10

です。

「食べログ」を見ると、現在営業日、営業時間はさらに短くなっている様です。。。

さらに、ンゴォーと開いていた自動ドアは、現在、おばさんが手動で開けてくれるみたいです。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする