スポンサーリンク

プロ野球の、平成最後の試合と、新元号最初の試合の日程をチェックしてみました。

2019年、今年で「平成」から、新しい元号になるという事で、一つの区切りとして、いろんなところで「平成最後の~」と話題になっています。

プロ野球で言えば、昨年は「平成最後の日本シリーズ」と、テレビでは年末に「平成最後の紅白歌合戦」と謳われました。

今年の半ばで変わるので、まだこれから様々な「平成最後の~」

が生まれてきますし、節目として注目されると思います。

そこで、今回はプロ野球の「平成最後の試合」「新元号最初の試合」となる日を調べてみることにしました。

元号が変わるのはいつ?

元号が変わる日程ですが、

まず4月1日に新しい元号が発表されます。

(エイプリルフールやん、、、ネットでいろいろジョークやフェイクがでそう、、、)

そして一か月後の、新天皇即位の5月1日(水)に改元がされます。

なので、プロ野球では

平成最後の試合は 4月30日(火)

新元号最初の試合は 5月1日(水)

となります。

2019年シーズンが始まってしばらくしたころですね。




セ・リーグ パ・リーグ 平成最後の試合

調べてみると、平成最後の日となる4月30日は、パリーグは試合がありませんでした。

パリーグとして最後の試合は4月29日になります。

パ・リーグ 平成最後の試合

4月29日(月)
日本ハム 対 ソフトバンク
楽天 対 ロッテ
オリックス 対 西武

セ・リーグ 平成最後の試合

4月30日(火)

巨人 対 中日
DeNA 対 ヤクルト
阪神 対 広島

6試合中4試合が東日本ですね。

セ・リーグ パ・リーグ 新元号最初の試合

新元号となる 5月1日(水)は、全てのチームが試合を行います。

5月1日(水)の日程

巨人 対 中日
DeNA 対 ヤクルト
阪神 対 広島

西武 対 日本ハム
オリックス 対 ロッテ
ソフトバンク 対 楽天

元号が変わること、それ自体は野球そのものに変化はないのですが、

「平成最後のホームラン」

「新元号最初のノーヒットノーラン」

など、様々な記録がしばらくは注目されるかもしれません。