スポンサーリンク

ギターやるなら独学?教室? ギター教室に通うメリットと選び方

「ギターを買ったぞ!

でも、自分で教本みて出来るだろうか?

やっぱギター教室に通った方が良いのだろうか?」

そう悩まれる人、不安になる人は多いと思います。

独学で出来るか?

というよりは、

「ギター教室の進め方についていけるかな」

「月謝が負担にならないかな」

「自分の弾きたい曲など、要望を聞いてくれるのかな」

と、ギター教室に対してハードルを感じているというのが理由かなと思います。

ギターは親しみある楽器なので他の楽器より始めやすく、なので楽器初体験な人も多いのも理由だと思います。

ちなみに僕は、

中学・高校はアコギを独学でやり、

大学ではクラシックギター部で先輩方から教わり

社会人の頃はギター教室で先生に教わりました。

なので、独学・教室どちらも経験しています。

その経験から結論を言えば、

独学よりも、習う方が上達スピードは速いですし、

独学よりも、習う方が身に付くレベルは高くなります。

まぁ、ギターに限らず、なんでもそうなんですが。

でも、

独学でもある程度上達しますし、努力とセンス次第ではかなりうまくなる人もいます。

今回は自分の経験を交えて、ギターは独学で出来るのか、どこまで出来るのか、ギター教室に通うメリットや教室選びで気を付けることは何か、を書いていきます。




独学で出来ること

ギターを始める理由って、「弾き語り」という人が多いと思います。

僕も最初そうでした。

なので、

「ギターでコードを押さえて、ピックでジャーンジャーンと弾く様になりたい」

と思っていると思います。

それは、独学でも出来る様になります。

(もちろん教室に行って教えてもらうことも出来ます)

コードは、コード表を見て押さえ方を覚えていきますし、ピックでの基本的な弾き方はテキストに載っています。

その点は、人から教わっても、本や動画で学んでも、

その後、自分で何度も繰り返し弾いて身に付けることに変わりがありません。

ピックでのアルペジオ奏法や、指弾きも、本や動画で学ぶことができます。

なので独学でも、大体の基本的なことは学び、身に付けることは可能です。

でもこれは、出来る人と出来ない人がいますし、人によっては、

「Fコードが押さえられない」

「このストロークパターンが出来ない」

など、所どころで出来なかったりすることもあります。

僕も中学・高校時代は、いろんな教本を買って、出来そうな弾き方だけやって、苦手なことはやらずにいました。

なので、アルペジオの或るパターンはずっと苦手でした。

僕は出来ることだけ楽しんでたので、それが返って、ギターを弾くことが長続きした理由かもしれません。




むしろ独学で身に付ける技術もある

これは中級・上級レベルな話かと思うので、初心者の人は軽く流してもらって大丈夫です。

先生から「これはこうして弾きます(押さえます)」と習って練習することではない技術として、耳コピがあります。

耳コピ

つまりメロディやコードを耳で聴いて、音程を把握し、ギターで弾ける様にすること。

おそらく教室で「耳コピの仕方教えて下さい」といえば、方法を教えてくれると思います。

それでも結局、出ている音程が何かというのを自分のギターで弾いて確かめたりしてく作業なので、

自分の耳を鍛える

ギターのどの音にあたるのか感覚を掴む

という一人のトレーニングですね。




独学のデメリット

ある程度できるものの、やはり一人でやっていることの不都合というのはあります。

・分からない、出来ない部分が解決できない

・間違っていることに気が付かない

・弾き方に変なクセがついて、上達を妨げる

うわぁ。。。

自分で書いてて、「うわぁ」って思っちゃいました(笑)

本人にとって一番つらいのは、「出来ない」「分からない」ことが解決できずに、楽しくなくなっていくことですね。




ギター教室に通うメリット

ギター教室に通うメリット、言い換えれば独学することのデメリット解消にもあたるのですが、いくつか紹介していきます。

①改善点を指摘してもらえる

独学でやっていては、いくら本や動画で演奏を学んでも、自分の悪い癖や、改善点を直してはくれません。

ギター教室では、講師が自分の演奏をみて、いろいろと指摘してくれます。

そこで初めて気が付くこともありますし、適切なアドバイスによって、上達するスピードがあがります。

僕も社会人時代、先生に「家で弾いてばかりだから音が小さいね。」と指摘されて、自分の音が小さいと気付かされました。

学生時代はギター部の先輩方から徹底的に基礎を叩きこまれました。

高校までアコギを独学でやっていたため、悪いクセがついており、よく注意されました。

「(アルペジオ弾いている時)右手の演奏フォームがグラついている!」

「左手の指が指板から離れている!」

クラシックギターとアコギでは、ネックを持つ左手のフォームが違うので、そのクセがなかなか修正できず、よく指摘を受けました。

②分からないことを質問できる

楽譜の読み方、分からない記号など、すぐに聞く事ができるます。

本や動画にはない、自分がちょっと気になっていることをも質問できるのも大きいですね。

③知らなかった知識が学べる

自分よりも、知識や経験の豊富な講師からは、

1人では知ることのできなかった奏法、練習法、また参考にするとよいアーティスト、ギタリストを教えてもらうことも出来ます。

僕自身も先生に「尊敬するギタリストは誰ですか?」と聞いて、パットメセニーを教えてもらい、そこから聴く音楽の幅が広がりました。

また、アコギで学ぶコード以外にもコードはたくさんあり、自分でも作れると知ったのも教室に通ったからでした。




ギター教室選びで考えること

ピアノ教室といえば、カリキュラムが決まっており、ひたすらクラシックの練習曲を習うのが一般的です。

(他もありますが)

しかしギター教室の場合は、ジャンルから、レッスンスタイルまで様々です。

また、個人教室と企業教室でもスタイルが違います。

なので、自分がどんなことをやりたい、学びたいのかを考える必要があります。

どのギターを習うのか?

エレキギター

アコースティックギター

クラシックギター

おおよそギターの種類はこの3つです。

この記事を読まれている人はすでにギターを購入していると思うので、今から選ぶということはないかもしれません。

ほかには、ウクレレという人もいるかしれません。

どんなジャンルをやりたいのか?

エレキギターであれば、

・バンドでロックの弾き方を教わりたい

・ジャズの理論を学びたい など

アコースティックギターであれば、

・弾き語りの伴奏

・押尾コータローの様なソロギターの奏法 など

クラシックギターであれば、

・禁じられた遊びなどギタークラシック曲

・ボサノバの伴奏

・フラメンコの奏法 など

を教える教室があります。

クラシックギターで弾き語りたい、という要望でも答えてもらえると思います。

どんなレッスンスタイルでやりたいか?

・自分のやりたい曲やジャンルの弾き方を教えてくれて、その中で、いろいろ基礎を学んでいきたいか

・決まったカリキュラムにのっとって、それを順に習得していく形が良いか

進め方によって、自分自身のモチベーションも変わってくると思います。

個人教室の場合は、こちらの要望に応えてくれるところもあります。

無料体験に参加する

ギター教室の場合は、無料体験レッスンを実施しているところが多いです

実際に行って、レッスン内容や、先生が合いそうかどうか確かめてみて、また、自分の要望を伝えたりしてみると良いと思います。




独学か、教室かで迷ったら

ギターを始める理由って、いろいろあると思いますけど、「楽しんで弾きたい」って言う気持ちは誰しもあると思います。

「楽しんで弾く」

この気持ちはとても大事です。

教室に通って、弾くことが楽しめなくなっては元も子もありません。

教室に行くのも、さらに楽しいこと、新しい発見があるから行く方が良いですよね。

僕自身、ギターが長続きしたのは「楽しさ」を優先してきたからです。

なので、独学でやろうか、教室に通おうか迷ったら、まずは独学で始めて良いと思います。

そして、もっと上達したい、分からないことを解決したい思ったら教室を探す。

その頃には、ある程度、自分のやりたいこと・疑問に思っていることも明確になっていると思います。