スポンサーリンク

e日本シリーズで西武が優勝!でもeBASEBALL パワプロのホークスの試合紹介します

1月12日、eスポーツの一つ、eBASEBALL パワプロ・プロリーグのe日本シリーズが行われ、セリーグ代表の横浜DeNAベイスターズと、パリーグ代表の埼玉西武ライオンズが戦い、西武ライオンズが見事優勝!

初代チャンピオンチームとなりました!

ライオンズは、パリーグ戦でも圧倒的な勝利をおさめ、リーグ1位に。(リアルのプロ野球と一緒ですね)

ですが、ここでは福岡ソフトバンクホークスの健闘を、動画で見て行きたいと思います(笑)

eBASEBALLのルール

ざっくりとですが説明すると、、、

戦い方のルールは、プレイヤー3人で1チーム(球団)とし、相手球団と1プレイヤーずつ合計3ゲームを戦います。(1ゲーム6イニングです。)

チームは各球団と3試合ずつ戦い(5球団×3ゲーム=15ゲーム)、その勝率が高い上位3チームが、代表戦を戦います。

代表戦はCSと同じで、2位3位で戦って、そこから勝ち上がったチームがファイナルステージで1位と戦います。

代表戦からは1ゲーム9イニングで、プレイヤーが3イニングずつプレイします。

その代表戦に勝ったチームがe日本シリーズ進出です。




福岡ソフトバンクホークス 第5節

まずはパリーグ戦の最終節です。

最後に戦うチームは千葉ロッテマリーンズ。

福岡ソフトバンクホークスにとっては、勝ち越せば2位に上がれるカードです。





 パリーグ代表戦 ファーストステージ

ファーストステージは、福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズとの戦いです。

前述のとおり、1ゲーム9イニング(1人3イニングずつ)で戦います。

ソフトバンクホークスが勝利し、リーグ1位の埼玉西武ライオンズとの戦いに挑みます。

互角でしたが、上位のアドバンテージでライオンズが勝利。

ホークスは残念ながら負けてしまいましたが、見事な戦いでした。




まとめと動画リンク

プロ野球と違って、パワプロのゲームですが、見ていて熱くなりましたし、試合の1プレー1プレーに思わず声が出てしまいました。

それは野球が好きなことはもちろん、戦っているプレイヤーの情熱・真剣さが伝わってきているんだと思います。

今回始まったばかりのeスポーツ eBASEBALL。

これからどんどん発展していって、盛り上がってほしいですね。

なお、eBASEBALLの他の試合もパリーグTVの動画で見る事ができます。(セリーグの試合も見れます!)

パリーグTV eBASEBALL パワプロ・プロリーグの試合動画はコチラ