2018年10月一覧

ソフトバンクホークス CS1st 第三戦 5つのソロホームラン映像を集めてみました!

パリーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ 第三戦、福岡ソフトバンクホークス 対 北海道日本ハムファイターズの試合。 ホークスは5得点を全てソロホームランで取り、5-2で勝利し、ファイナルステージ進出を決めました! ここではその5つのホームランの映像をまとめてみました。

巨人 菅野投手 CSでノーヒットノーラン後のインタビュー・会見を文字にしました。

クライマックスシリーズ ファーストステージ 第二戦でノーヒットノーランを達成した読売ジャイアンツ 菅野投手。 そのヒーローインタビューと、試合後の記者会見の発言を文字に起こしました。 チームの勝利とノーヒットノーラン達成の嬉しさと、その道程のピッチングの苦しい心境がうかがえる内容でした。

ソフトバンクホークス グラシアル選手がジャンピングキャッチ!千賀投手も拍手!

クライマックスシリーズ ファーストステージ 第二戦。 6回の表、日ハム 近藤選手の放った打球がフェンス直撃になるところまで延びましたが、レフトを守るソフトバンク グラシアル選手がジャンピングキャッチ! 先発登板の千賀投手も拍手を送りました。

巨人 菅野智之投手がクライマックスシリーズで達成したノーヒットノーランのスコア

セリーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ 第二戦(読売ジャイアンツ vs 東京ヤクルトスワローズ)で、巨人の先発投手として登板した菅野智之投手。 この大舞台でなんと、クライマックスシリーズ史上初のノーヒットノーランを達成しました!

ソフトバンクホークス ショート髙田知季選手 汚名返上のファインプレー連発!

パリーグ クライマックスシリーズファーストステージ第二戦。 ソフトバンクホークスは一時同点に追いつくも、終盤に点を許してしまい、敗戦してしまいました。 中盤、高田選手はエラーをし、それが失点にからんでしまいましたが、その後、守備で取り返そうと、執念のファインプレーを見せました!

ソフトバンクホークス 松田宣浩選手 1500安打達成の予行練習(笑)

今シーズン、通算安打1499本で終了し、1500安打の記録には惜しくもあと1本届かなかった福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手。 ヤフオクドームでの練習中、デスパイネ選手から「1500安打達成」のボードが手渡されて、お祝いのプチ予行練習が始まる一幕が(笑)

阪神タイガース 金本知憲監督が辞任。任期中の成績や、ファンが考える次期監督候補は?

阪神タイガースの金本監督が辞任を発表しました。今季は2001年以来の17年ぶりに最下位という成績になり、その責任を取っての辞任となりました。 ここでは、会見での一問一答、任期中の成績、ファンの考える次期監督候補を紹介したいと思います。

2018年 プロ野球 引退する松坂世代の選手たち

松坂大輔が甲子園でノーヒットノーランを達成するなど、熱い戦いで世の中を熱くさせた1998年から20年。 その他、数多くの同い年の若者が、その後、プロ野球選手として活躍し、「松坂世代」という言葉が生まれました。 今年は、野球界で活躍した選手が多く引退を表明しましたが、「松坂世代」から5人が引退を発表しました。

ソフトバンクホークス 本多雄一選手 引退試合で3塁打!!最終打席も2塁打!

福岡ソフトバンクホークス、2018年シーズン最後のホーム最終戦は、本多雄一選手の引退試合になりました。 本多選手は1番セカンドで先発しました。 ベンチにいる選手、そしてケガなどで離れている選手も見守る中、本多選手はライトへ引っ張るヒットを放ち、その快足でなんとスリーベースヒットにしました!

ソフトバンク ロッテに在籍した大隣憲司投手、古巣で最終登板。試合後は両チームから胴上げ。

ソフトバンクホークスで11年間プレーし、昨年戦力外になって今季はロッテに在籍した、大隣憲司投手が古巣であるヤフオクドームで最終登板をしました。 打者一人限定での登板となりました。 同期入団の高谷捕手は登板前から感極まっていました。

NMB48 新曲「僕だって泣いちゃうよ」のMVのロケ地(撮影場所)は創価大学

人気アイドルグループNMB48でこれまでセンターとしてグループと引っ張ってきた山本彩(さやか)さんが10月で卒業することを発表しました。 そんな中、10月17日に新曲「僕だって泣いちゃうよ」のリリースに先駆けて、9月25日 YouTubeでミュージックビデオがアップされました。 このミュージックビデオのロケ地は、東京都八王子市にある創価大学の構内だそうです。 そこで主に撮影された場所がどの様な場所か調べてみました。

ソフトバンクホークス 本多雄一選手が今季で引退。印象に残るスーパープレー。

ソフトバンクホークスの本多雄一選手も今季で引退することを発表しました。 盗塁王を2010年(59盗塁)、2011年(60盗塁)と2年連続獲得。 俊足もさることながら、その守備力の高さで観客を魅了してきました。 「パリーグTV」で本多選手のナイスプレーをまとめた動画があったので、紹介したいと思います。

ノーベル医学・生理学を受賞した京都大学特別教授 本庶祐さんとその研究成果

午後6時半に、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者が発表され、京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さんが受賞されることになりました! 本庶佑さんは1942年、京都市生まれで現在76歳。京都大学を卒業後は渡米し、カーネギー研究所や国立衛生研究所で免疫学の研究を進めました。

埼玉西武ライオンズがリーグ優勝した2008年と2018年の成績を比較してみました。

見事、2018年シーズンのパ・リーグ優勝を決めた埼玉西武ライオンズ。 今年はシーズン中、一度も一位の座を明け渡すことなく、強さを見せつけました! 前回優勝が2008年。 10年の月日が経ちました。 少し早いですが、その頃のシーズン成績と、今シーズン現在(2018.9.29まで)の成績を比較してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク