スポンサーリンク

ストリートライブ(路上ライブ)におすすめなアンプ ROLANDのCUBE Street

僕はアコースティックギター(正確にはエレガットギター)で演奏し、時々ストリートライブなどを不定期でしていました。

これまで使っていた充電式アンプが寿命になり、新しいアンプスピーカーを購入しました。

ROLAND(ローランド)のCUBE Street です!

やはり一番のウリは、エフェクター機能が付いている事ですね。

アコースティックなので、主に使用するのはリバーブですが、アンプについているので、リバーブのエフェクターを持ち運ばなくていいのは助かります。

何度かストリートで使用したので、その感想をまとめてみました。

今まで使っていたアンプスピーカー

ちなみに今まで使っていたアンプはコチラ。

懐かしいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

充電式で、電源を必要としないので、様々な場所で使って来ました。

2チャンネルあり、ボーカル&ギターや、ギターデュオでの演奏に対応できました。

ただ、

・充電式なのでバッテリー内蔵で重たい

・2チャンネルでボリューム調整は別々だが、イコライズが共通

なのが難点でした。

イコライズがボーカルとギターでそれぞれ出来ないというのは、どうしようもありません。

それでも使い続けて、最終的にはバッテリーに寿命が来て、充電できなくなり、サヨナラしました。

(それでも10年以上働いてくれました。)

さて、新しくやってきたCUBE Streetの紹介です。




CUBE Street の特徴

ROLAND CUBE Street 

重量:5.2kg 幅415×奥295×高250

電源:単三電池6本(最大15時間演奏可能)、ACアダプタ(付属)

チャンネル:独立2チャンネル

出力:5W(2.5W+2.5W)

アンプモデル:8種類

エフェクト機能:コーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロ/ディレイ、リバーブ

その他:チューナー機能

大きさはやや幅が広く感じます。

重さは5.2キロと、軽い、、、とまでは言えませんが、持ち運ぶには楽になりました。

以前のものは確か7キロ近くあったと思います。

汎用性のある単三電池6本で動かせるのもいいですね。

緊急の際、コンビニでも売っていますしね。




コントロールパネル

パネルはこんな感じになっています。

ボーカル&ギター(楽器)を想定したつくりになっています。

イコライズ、ディレイ・リバーブ、ボリュームはそれぞれのパートで調節できます。

ギター(楽器)側にはエフェクターとアンプを選択できます。

エフェクターはコーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロの4種類ですが、選べるのは1種類です。

そしてディレイ、リバーブの2種類から1種類を選べます。

アンプのモデルのサウンドはローランド公式動画で聴く事ができます。

どのアンプモデルなのかが書いていないのでわかりにくいですが、エフェクターの記載はあるのでわかりやすいかなと思います。

左の人はCUBEを使っていますが出音は申し分ないですね。

(右の人のボリュームが大きいですが)

この様にアコースティックでもエレガットでも、十分な音圧があります。

正しい使用ではありませんが、アンプを立ててイス代わりにしていますね(笑)

エレアコやエレガットなど、アコースティックの楽器で演奏をする際は、アンプモデルは「INSTRUMENT(インストゥルメント)」を選びます。

他のアンプモデルを選ぶと、歪みます(笑)

それはそれで、逆にエレアコでエレキの音が出せるので、演奏の幅が広がるかもしれません。

このアンプで、一点、文句があるとすれば、スピーカー(音が出る面)を客側に向けた場合、コントロールパネルの表記が、上下さかさまになることです。

こんな感じ。

う~ん。

スピーカー側を自分に向けると、上下正しく見えるんですよね。

このアンプはモニター用に作られているのかな???

なので、実際ストリートで使用する場合、調節するのに少し見にくいかもしれません。




キャリングバッグ & 背面

ストリートで使用するので、もちろんキャリングバッグ付きで購入しました。

大きさが分かる様に、横にA4のコピー用紙を置いています。

ポケットは横側両方に付いています。

コピー用紙の大きさからも分かる様に、楽譜は入れることは難しいですが、予備の電池くらいは入ります。

背面を見ると

左側の赤枠にはACアダプタ差込み口です。

右側の赤枠には乾電池を入れる場所があります。

この様にバッグに入った状態で、アダプタの差込みや、電池の交換などができます。




まとめ & 便利グッズ

CUBE Streetの特徴をまとめと、

・エフェクト機能がついている!

・これ一つでボーカル、楽器の二つの音が出せる!

・2チャンネル別々に調節できる!

・やや軽め!

・乾電池式なので、切れても交換可能!(あるいはAC電源で使用できる)

・コントロールパネルが上下さかさま!

という感じです。

多機能ながら、さほど大きくなく、重さも5.2キロとそこまで重くないので、とても便利です。

「CUBE Street」はコチラで購入する事ができます。

上位モデル「CUBE Street EX」もあります。

こちらは出力50W。

単三乾電池8本で稼働します。

重量は7.4キロ。
どちらにするかは、スペックと重量を比べてみて、、、ですかね~。

最後に、CUBEと併せて購入しておくと便利なものを紹介します。

【充電池】

CUBEが電池式なので、頻繁に使用するなら、乾電池よりもエネループの方が経済的。

それに何度も買う必要がないので便利です。

【キャリーカート】

ストリートライブの必需品ですね~。

CUBEが5.2キロとはいえ、長時間、担いで移動するのはなかなか負担です。

このキャリーカートは積載荷重60キロなので、余裕でCUBEを運ぶことができますね。

キャリーカートは電車や徒歩での移動で重宝します。

ほかの備品機材も一緒に運べるので、手が空いて助かります。