スポンサーリンク

ドラマでも活躍の阿佐ヶ谷姉妹 渡辺江里子、「魂のルフラン」の歌唱力が凄い!

お笑い芸人として活躍する阿佐ヶ谷姉妹。

2018年の女性お笑い芸人のグランプリW-1でも、安定感のある芸風で見事優勝しました。

普段は、二人で歌を歌ったネタが多いのですが、この大会ではあえてそのネタを封印して臨んでいました。

阿佐ヶ谷姉妹は、渡辺江里子さんと木村美穂さんのお笑いコンビです。

コンビ名に「姉妹」とありますが、本当の姉妹ではありません。

でもお二人とても似ていますね。

中でも渡辺江里子さんは、歌唱力が凄いと評判です。

またドラマ「科捜研の女」に出演し、その演技力の高さも話題となりました。

今回はそんな渡辺江里子さんのプロフィールと歌声(魂のルフラン、ボヘミアン)を取り上げたいと思います。

プロフィール

名前 :渡辺江里子
生年月日:1972年7月15日
出身地 :東京都生まれ、栃木県出身
趣味  :カラオケ・園芸鑑賞
学歴 :明治大学文学部

中学・高校の国語の免許を持っています。

劇団 東京乾電池研究所在籍中の2007年に「阿佐ヶ谷姉妹」を結成、デビュー。

この時、既に35歳と遅咲きだったんですね。

だからこそ、阿佐ヶ谷姉妹の「おばさんネタ」が確立していったのかもしれません。

また、「劇団 東京乾電池研究所」は柄本明、ベンガルが所属。(かつては高田純次も)

劇団出身という事もあり、いわゆる「お笑い芸人」という様な型にはまらず、舞台の雰囲気のあるキャラクターなのかもしれません。




魂のルフラン(高橋洋子)

2016年放送のTHEカラオケバトルで披露された「魂のルフラン」(高橋洋子)。

高い歌の技術力で、高得点をたたき出します!

テレビでは「アップテンポなのによくやった」という評価をしていましたが、個人的には違うと思いました。

ちょっと話がそれますが、、、

この曲はリズムはアップテンポですが、歌のフレーズ自体はそこまで音が次から次へと変わる(8分音符、16分音符が多い)わけではありません。

また「アップテンポの曲が難しい」と思われがちですが、アップテンポの曲は勢いで流れることも出来るので、乗れてしまえば一音一音ケアしなくても乗り切れます。

むしろ一音一音が長いと、次の音を出す時にごまかしがきかないのです。

なのでゆったりした曲で、一音一音聞かせる曲調の方がその歌唱力が試されます。

この曲の難しいところは、高い音程のフレーズの中に一瞬低い音程が現れるところです。

「高 高 高 低 高」みたいなフレーズでも正確な音程でコントロールする力が問われます。

渡辺さんも、冒頭の「私に帰りなさい」のフレーズがうまくいくかどうかを一番気にして、緊張されたのではないでしょうか。




ボヘミアン(葛城ユキ)

そもそもこの選曲自体、歌がうまくないとやらないですよね(笑)

この映像を見ると、歌のうまさに感動すると同時に、阿佐ヶ谷姉妹への好感がわきますね。

上手い言葉が見当たらないのですが、凄いのにおばさんらしさを残しているからでしょうか。「歌が凄い」とだけになりそうなのを、渡辺さんの言葉や木村さんの踊りが「阿佐ヶ谷姉妹ワールド」にとどめているように思いました。

凄いけど面白い、面白いけど凄い。

トリセツ(西野カナ)

最後は阿佐ヶ谷姉妹 二人での歌で。

これからも親近感を感じるおばさんネタと、歌を楽しみにしています!