スポンサーリンク

アメリカのソウルシンガー アレサ・フランクリンのお気に入り曲を振り返ってみました

アメリカを代表するソウルシンガー アレサ・フランクリンさん(Aretha Franklin)が16日、すい臓がんで亡くなりました。

76歳でした。

フランクリンさんは1942年生まれ。

主に1960~70年代に多くのヒット曲を生み出しまし、67年から74年にかけては、なんと8期連続でグラミー賞を受賞するなど活躍しました。

代表曲に「チェイン・オブ・フールズ」「シンク」「貴方だけを愛して」「ナチュラル・ウーマン」「リスペクト」などがあります。

個人的に彼女の曲の中で好きだったものを紹介したいと思います。


アレサ・フランクリンという名前はなんとなく知っていましたが、彼女の曲を知ったのはこの曲が最初でした。

基本的に4拍子の曲ですが、サビで一部3拍子を混ぜていますね。


2曲続けて歌われていますが、後半の「Ain’t no mountain high enough」が気に行って良く聴いていました。

高すぎる山なんて無い 低すぎる谷なんて無い 幅が広すぎる川なんて無い

もし貴方が私を必要としているなら、私を呼んで!

貴方が何処に居ても問題無い どれだけ遠くても問題無い 心配しないで!

私の名前を言って! 私は そこに急いでいくだろう

「Ain’t no mountain high enough」(高すぎる山なんて無い!)

曲調も歌詞も勇気づけられる曲です。



 (You Make Me Feel Like) A Natural Woman

2015年、カーネギーホールで行われた、このイベントがどういうものなのかは分からないですが(英語が分からないもので)、アレサ・フランクリンさんの歌声は70歳を過ぎても人々を魅了するものですね。

僕も聴いていて鳥肌が立ちました。

これは凄いですわ。

ちなみに、この映像で時折出て来る興奮状態の金髪の女性は、「A Naural Woman」の作詞・作曲者のひとりであるキャロル・キング(Carole King)です。

その左隣にいる白髪の男性、映画監督のジョージ・ルーカスに見えるのですが、違いますかねぇ。。。

ともあれ、アレサ・フランクリンのご冥福を祈ると共に、素晴らしい歌を届けてくれた感謝の気持ちを送りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする